競馬予想や傾向等

中日新聞杯 2023過去の傾向と対策今年の予想はこの馬に!今年も大穴も?

12月も中旬に差し掛かる所で穴馬が着易いこの中日新聞杯はどの馬を狙えば良いか過去の傾向などをみて対策していきましょう!ではまずはコースの解説と展望から入ります!

中京2000mのコース内容

スタート地点からゆったりとした坂上がりで序盤でのペースが落ち着きやすくスローになりやすいのが特徴で、最後の直線で2mほどの上りがあるためか最後の1ハロンも遅くなるのも特徴的で600m400mで速く走れる馬でも最後の1ハロンで遅くなる分突き放せるかが重要な点になりそうなので持続ある馬よりはスピード重視で選ぶのも良いと思います!

過去10年の傾向

枠順別1~3着脚質別1着2着3着
1枠5回5枠7回逃げ1回2回
2枠2回6枠2回先行2回8回5回
3枠3回7枠7回差し7回2回3回
4枠2回8枠2回追い

過去の傾向では差し馬の安定性は高く2着入選率は先行が非常に強い、逃げ切りもあるもののやはり能力差が無かったり実力が拮抗している場合のみ上位には食い込みますがポイントは勝利馬の上がりハロンにあり脚質こそ違えど上がりが似ているのが特徴

では過去の勝利馬の上がり傾向を見ていきましょう!

過去の勝利馬の上がり傾向

2022年勝利馬キラーアビリティ牡3(差し)スロー

上がり3ハロン内訳11.2 11.5 12.4(35.1)

差し馬でも前半の上がりはあるものの最後の1ハロンはやはり減速してる部分があり苦しくは見えますが最後の1ハロンでは上りきった後だと遅くなる印象あるので最初の2ハロンが肝心といえそうです。

2021年勝利馬ショウナンリバティ牡5(逃げ)スロー

上がり3ハロン内訳11.1 11.3 12.6(35.0)

逃げ馬でも同じ内容、つまりは瞬発力と速度を持っていると逃げ切りも差し切りも可能だという点、持続のタイプでも勝ち越す事は可能ですがやはりこの速度での上がりを見る限りでは持続で走るより脚の速いタイプが勝ちやすいのがこのレースの攻略ポイントといえそうです!

特別登録馬時点でのお勧め2頭

スパイダーゴールド(先行)

大事なのは過去でのレース内容、4,5走前では上がりは速いながらも持続に近い加速型、最初の2ハロンは早いものの最後の1ハロンは遅め、中京では直線の短さがプラスに動く可能性あるため穴馬なら買いも?

ホウオウビスケッツ牡3(逃げ)

注目は過去4走前のフリージア賞東京競馬で上がりは11.2 11.2 11.9と速度にはやや遅くはあるものの半年振りのレースで仕上がり次第では油断出来ない1頭と過去の傾向でも相性合う1頭なので逃げ馬少なければ狙ってみるのもありな1頭です!

展開予想

逃げ先行差し追い
1.ユニコーン3.ドルチェ2.カントル5.サトノ
6.マイネル4.シュヴァ9.ユーキャン
7.ヤマニン11.ハヤヤッコ
8.ホウオウ12.キラー
10.リューベ13.カレン
16.スパイダー14.ジャン
15.ピンハイ
17.ワンダフル

差し馬多いのが気になる点で速度自体もある馬が多く先行も悪くない馬が多い為正直狙いどころが難しく穴本命どちらもあるのが上がりタイムから見てもそう取れます、今年は大きな金額かけず大穴狙いをしてみるのが良いかも知れません!

予想

今年は傾向的にも差し馬が強いので差し馬先行メインで抑えてみようと思います!

◎12.キラーアビリティ

○8.ホウオウビスケッツ

▲7.ヤマニンサルバム

△16.スパイダーゴールド

-競馬予想や傾向等

var nend_params = {"media":70570,"site":357622,"spot":1061033,"type":1,"oriented":1};
%d