競馬予想や傾向等

新潟記念2023 過去10年傾向 今年の予想も大荒れ!?

ホーム » 競馬予想や傾向等 » 新潟記念2023 過去10年傾向 今年の予想も大荒れ!?

8月4週に行われる最後の夏競馬新潟記念といえば毎年大穴が来るのが通例となりつつあり今年もやはり穴馬に期待がかかります!

では過去の傾向から見ていきましょう!

過去の傾向10年

枠順別脚質別1着2着3着
1枠1回5枠1回逃げ2回
2枠2回6枠3回先行2回4回4回
3枠6回7枠4回差し6回2回5回
4枠4回8枠8回追い2回2回1回

※逃げは1番手のみで選定

やはりスピードとパワーが要求されるコースだけあり末脚が強く押し切るレースは割と稀で消去法としては逃げ馬且つスピードがあまりない馬と内枠で走る馬になりそうです!

特別登録馬時点でのお勧め2頭

大事なのは持続力とスピードと3ハロン33秒台必須な点を抑えて推奨としたいと思います。

サリレラ

追い込みや先行を両立出来る万能型、2走前での3ハロンの上がりでは持続性を見せておりロングスパート可能な1頭実力もあるので人気はありそうですがお勧めな1頭

危険な部分で言えば上がりタイムがやや不足している点、スピードは他に早い馬もいる為当日の枠と展開次第ではやはり厳しい所

ファユエン

初オープンにして期待値高いのはこの馬!追い込みらしい末脚とスピードを持ち合わせており中々油断出来ない穴馬、過去5レースでもゴールタイム僅差ですし展開の差で負けたと言っても差し支えなく今年の穴馬候補はこの馬!

斤量軽いのが非常に救いなのですがやはり今回も展開の有無があるために必ず有利な位置に付けれるかが心配なのが懸念点ではあります!

展開予想

予想ペース 平均

逃げ先行差し追い
7,フラーズ2,グラン1,サリエラ
10,バラジ3,ノッキン8,イン
14,マイネル4,サトノ10,ユア
5,イクス12,イーサン
6,ブラ
9,ユーキャン
13,プラダリア

逃げ馬不在のこのレース、恐らく単独で10のバラジ辺りが前に出るとは思いますがやはり末脚が強いレースなのもあり逃げの前残りは難しいと考えても良いでしょう!新潟に関しては持続力とスピードが欲しいので末脚を選んでいきたいと思います!

予想

予想もやや不安定がありますがワイドや馬連推奨!全頭でも6点になります!

◎14,マイネルウィルトス

◯1,サリエラ

▲2,グランオフィシエ

△13,プラダリア

やはり先行と差しの位置取りが良い方向になるのが目立つので今年はそちらを採用、サリエラは当然強いのですが追い込みでのポジションで直線勝負で苦戦は目に見えるので2,3着になればいいかな?と考えており前走走れなかった2,グランオフィシエに関しては後方待機が原因ですしそこまで低評価されることはないのでは?と思い穴馬として採用しました!



-競馬予想や傾向等

var nend_params = {"media":70570,"site":357622,"spot":1061033,"type":1,"oriented":1};
%d